埼玉県・東京都の西部地区を中心に借金問題でお困りの方の支援をします

任意整理

任意整理とは

任意整理とは、司法書士などの専門家が債権者と話し合いをして、
和解を求めていく裁判外の手続のことです。

任意整理は事実上、債務者個人で行うことは難しく、
司法書士などの専門家に依頼するほうがいいでしょう。

また、専門家に依頼することにより、債務の支払いを一時止めることもでき、
その後の弁済計画が立てやすくなります。

債権者と合意ができた場合は、和解案に従って、
3年〜5年の間で弁済していきます。

任意整理の中でも消費者金融業者を相手にする場合、
過払い利息の引きなおしという手続きがされます。

利息制限法で許された利率(100万以下は18%)以上で、
出資法の範囲内(29.2%)での貸付が従来行われてきたことから、
この差を過払い利息として、借金の減額が可能になるわけです。

任意整理を利用できる場合

  • 減額後の借金が3~5年程度で返済できること
  • 継続して収入を得る見込みがあること
    • ただし、任意整理をすることによって
      すべての債務がなくなる場合もあります。

任意整理のメリットとデメリット

メリット

  • 取引開始時にさかのぼって利息制限法の上限金利(15〜20%)
    まで引き直し計算をして借金が減額されること
    • 原則として将来の金利や遅延損害金は全額カットされます
  • 過払い金返還請求も同時にできる
    • 引き直し計算の結果過払い金が生じた場合、
      その請求も同時にできます。
  • 資格制限がない
  • 手続きが簡易である。
    • 裁判所を通す手続ではないため,裁判所への出頭の必要もなく,
      官報に氏名が記載されることもありません。
  • 柔軟な債務整理が可能
    • 自動車のローンや保証人がついている借金はこれまで通り支払い続け,
      その他の借金のみを任意整理するというようなことも可能です

デメリット

  • 返済額が多くなることが一般的
    • 自己破産や民事再生と異なり,原則として借金の元本全額を支払う手続ですので,
      これらの手続に比べ返済額が多くなることがあります。
      しかし、任意整理でも引き直し計算や金利等のカットにより
      原則として返済額は減額されます
  • 信用情報機関に任意整理をした事実が登録されてしまう
    • 5〜7年間程度は新たに借金をすること,
      また,クレジットカードやローンを利用することが制限されます。
    • 但し、引き直し計算の結果、債務が0または過払い金が生じている場合は、
      この限りではありません。
  • 債務者個人が利用することは難しい

任意整理の費用

  • 着手金 1社1万円
  • 成功報酬 元本減額の10% 過払い金返還金額の20%
    • 訴訟になった場合1社につき5万円(定額) 裁判所費用は実費
    • 特定調停になった場合 裁判所費用の実費のみ加算
    • 弁済管理をする場合1ヶ月1社500円
    • 費用には消費税がかかります

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.79
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional