埼玉県・東京都の西部地区を中心に借金問題でお困りの方の支援をします

債務整理とは

債務整理とは

借金問題を解決する

  • 現在、1年に3万人以上の自殺者がいますが、
    その多くが借金の問題を原因としているといわれています。
  • 軽い気持ちや、生活の足しに借りた少しのお金が、
    その人を苦しめることは現実なのです。
  • しかし、法律には借金の問題を解決する方法があるのです。
  • 借金の問題は必ず解決できます。これが債務整理です
  • 誰かに相談したいと思ったとき、すぐにご連絡を。

債務整理の方法

一般に債務整理とは、法律の力を借りて、
借金を返済しやすくする、または無くすことを言います。

毎月かなりの額を返済しているのに一向に借金が減らない・・・

これは、ほとんどの場合、高い利息を支払っているからです。

現在は100万円未満の借金の場合、利息はおよそ18%ですが、
少し前までは、29.2%までの利息がつけられていました。

これは、利息制限法では利率は18%まで
(10万円以上100万円未満の場合)と定められていますが、
一定の条件を満たせば貸金業法といわれる法律で、
29.2%までの利息を取ることが認められているからです。
(現在は最高裁の判例で認められることはほとんどありません。)

仮に200万円を消費者金融から借りていた場合、年間利息は
 年間584,000円、月々約48,600円にもなります。

たとえ毎月5万円返済したとしても元金は1,400円しか減りません。

これではいくら返済しても借金は減らないはずです。

そこで、債務整理を利用して

  • 借金の圧縮をする
    • 29.2%と18%の差を利用して、支払い過ぎていた利息を返済に充てる。
    • その結果、元本を完全に返済し終わっていたら、逆に債権者から返してもらう。
  • 将来の利息を、無利息にする
    • 将来利息をつけないとすることが可能なことが多い
  • 返済が困難な場合は自己破産をして、借金を無くす

などの解決策が考えられます。

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.79
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional